乾燥肌対策に洗顔は大切

肌の悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。美肌に憧れているのにニキビが常にできていたり、たるみやしわが気になってきたり、毛穴が開く場合があります。スキンケアを一生懸命していてもなかなか改善できないと思っているなら、それは誤った洗顔方法で乾燥肌になっているのかもしれません。

乾燥肌になると、肌の内側の細胞の活動が抑えられてしまい、コラーゲンやエラスチンが減少します。また、水分が蒸発していくので肌のみずみずしさが減り、小じわが目立つのです。そして、肌のバリア機能も低下するため敏感肌になってしまうこともあるのです。乾燥肌を改善するには、乾燥肌化粧水を適切に使用するだけでは不十分で、誤った洗顔を繰り返すことでどんどんと乾燥状態を悪化させてしまいます。

洗顔料を選ぶときは、肌に優しいものを選び、たっぷりと泡立てて洗います。こすったり力を入れず、泡で包み込むように優しく洗います。熱すぎないぬるめのお湯ですすぎ、タオルを抑えるように水分を取ります。そして早めに化粧水をつけて潤いを与えます。乾燥肌を引き起こすのは洗いすぎや力の入れ過ぎが考えられるため、毎日の洗顔を正しく行うことはとても大切なのです。汚れをしっかりと落としつつ、潤いを残すためには、洗い方を見直すことが一番です。